人生を変えようとしているが、一歩踏み出しかけるも、踏み出せていないサラリーマンです

サラリーマン生活について 私は会社の都合でフィリピン共和国、かつ超ド田舎で、治安も悪い場所に出向しています。銃を持ったガードマンが周りに何人もいます。なので、基本的には決められた狭いエリアから外に出られず、寮と会社を往復するだけの毎日です。…

ドゥテルテ大統領「貧乏な人はガソリンで」消毒提案 冗談かと思ったら本気でした コロナ終息の道のりは遠く

フィリピンのドゥテルテ大統領が新型コロナウイルスへの感染対策として、アルコールが手に入らない人に対して驚きの方法を提案した。 ドゥテルテ大統領「アルコールが手に入らないなら、特に貧乏な人はガソリンスタンドに行って何滴かガソリンを手に垂らせば…

最近のフィギュアのクオリティがスゴイ VR技術も着実に進化している

最近のフィギュアのクオリティがスゴイと実感しています。これまでのフィギュアは細部のクオリティがいまいちだったり、表情(特に目)に違和感があったりして、購入までには至りませんでした。 しかし、最近のフィギュアはよりアニメ近くなっており、購入意…

やはり2020年夏アニメは傑作揃い そして有名タイトルだけの視聴ではもったいない

2020年夏アニメは、コロナ禍の影響で春アニメのずれ込み分もあり超豪華なラインナップとなっています。前評判では、特に「ソードアートオンライン アリシゼーション War of Underworld -THE LAST SEASON-(続編)」、「Re:ゼロから始める異世界生活 2nd(続…

納豆の賞味期限は・・・嗅覚を頼りに食すつわもの同僚日本人

今週のお題「納豆」 海外でも主要都市では意外と納豆は簡単に手に入ります。私の滞在しているフィリピンの田舎では特別納豆を調達してくれていますが、届いた時点で賞味期限が1~2週間くらい過ぎていることはザラです(汗 納豆は元々発酵食品ではあります…

ドゥテルテ大統領 新型コロナウイルスの感染拡大が収まっていないと判断 マニラ首都圏の外出・移動制限措置は7月1日から15日まで継続

マニラの外出制限・緩和拡大は見送りフィリピンのドゥテルテ大統領は6月30日夜、マニラ首都圏で実施している外出・移動制限措置について、7月1日から15日まで継続し、さらなる緩和拡大は見送ると表明した。新型コロナウイルスの感染拡大が収まっていない…

セブ市は最も厳格な規制(ECQ)に世界初の逆戻り 懸念は現実のものに、そしてコロナ拡散は全国へ

マニラ首都圏の隔離措置(GCQ)が緩和されず、セブ市は最も厳格な規制(ECQ)に世界初の逆戻り フィリピン政府は6月15日、マニラ首都圏を6月16日から6月30日まで一般的隔離措置(GCQ)の対象地域に留めるとした。マニラ首都圏は6月1日に修正広域隔離措置(ME…

アニメを貸し出すたびに変なあだ名がセットで帰ってくる件

コロナ禍の影響もあり、後輩にアニメを貸し出す頻度が増えています。ただそれだけならよくある話なのですが、アニメを貸し出すたびに変なあだ名がセットで帰ってきます。 まぁ、半分は冗談であだ名を呼んでいるわけですが、最近のあだ名の推移は、 「シート…

もう少し真面目に取り組めませんか? フィリピンの緩みまくっているコロナ対応 世界最長の封鎖は何だったのか??? 

新型コロナウイルス感染防止策として3月中旬からマニラ首都圏で続けてきた「封鎖」措置が、6月1日から緩和された。エリアによって警戒度は、ECQ(広域的隔離措置;いわゆる都市封鎖)>MECQ>GCQ(一般的なコミュニティ隔離措置)>MGCQ、に区分されている。限定…

まだまだ認知度は高くない!? 狂気の仕事猫(現場猫) 現場仕事・安全衛生関連業務ならツボる事間違いなし?

わたしはしばらく海外に滞在しているので最近ようやく認知したのですが、本格的に人気が出てきたのは2018年からのようです。わたしの同僚で知っている人は皆無だったのでまだまだ認知度は高くは無いと言えるでしょう。 初期は「仕事猫現場」という名称だった…

フィリピン首都圏の封鎖緩和へ 2カ月半ぶり 耐えられなくなった崖っぷちの経済

フィリピンのドゥテルテ大統領は28日夜、新型コロナウイルス感染防止策として3月中旬からマニラ首都圏で続けてきた「封鎖」措置を6月1日から緩和すると発表した。限定的ながら、オフィスへの出勤や商店の営業、公共交通機関の運行が2カ月半ぶりに再開される…

米海軍新型レーザー兵器の実験成功 ついに時代がエヴァの世界に追いついた!?

2020年5月23日米海軍が新型レーザー兵器の実験に成功し、無人機を破壊したとのニュースが発表されました。今後、ミサイルに変わり、レールガンと共に更なる技術開発が進むと思われます。 本画像や映像は、ドッグ型水陸両用輸送船「ポーランド」の甲板上にあ…

猫もソーシャルディスタンス!? とある人間より賢い子たち

日本は新型コロナウイルス(武漢ウイルス)の新規感染者数(発見者数)が減少傾向でこのままゼロに向けていって欲しいものです。一方で、第二波に直面している国々、また私の滞在しているフィリピンでは特にマニラ首都圏、セブに於いて二カ月以上に及ぶ厳し…