株ログ(カブ☆ログ) サラリーマントレーダー【番外編】 億り人 1億円では人生は変わらない 中長期で勝つ思考と方法

今回のテーマであります。

・億り人 1億円では人生は変わらない

・そもそも資産ってなに? 

・資産形成が苦手な日本人 

・中長期で勝つ思考(私の場合ですが・・・) 

 

億り人 1億円では人生は変わらない

1,000万円手元に転がりこんできたら人生は変わるだろうか?断言しよう、まったく変わらない!!家を購入するきっかけ、ローンの繰り上げ返済、車の購入、海外旅行、貯金など行うことはできるかもしれない。しかし、明日もいつものように会社に行って仕事をしなければならないだろう。人生は全く変わらないと言ってよいだろう。

ãã«ã¤ã¸ãç»åãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

1億円ではどうだろうか?ちょっと変わるかもしれないが、大きく変わるかと言えばそうでもない。50歳位の人であれば退職しても問題ないだろう。退職金と無理のない資産運用で優雅な生活はできないが人並の生活はしていける。40歳位の人であれば退職できるか微妙である。退職できたとしても優雅な生活は送れずお金の不安は付きまとう。働き続ける場合は人生が変わるとまでは言えないが、心に余裕を持ちながら働くことができるため精神衛生上(ストレスに対して)良い気がする。20歳、30歳位だと起業、新たなチャレンジをすることも可能だろう。しかし何もしなければ優雅な生活を続けることはできない。また、逆に金銭感覚がおかしくなってしまうかもしれない。宝くじの高額当選者、引退後のスポーツ界のヒーローなど人生がくるってしまった人も少なくない。

ãã«ã¤ã¸ãç»åãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

3憶円ではどうだろうか?3憶あれば変わる、圧倒的に変えられる。私(40歳前後)なら即会社を辞める。仮に利回り2%の低リスクの資産運用でも、税引き後の配当金だけでも元本を減らさずに生活できるだろう。仕事にやりがいがある人、地位を得たい人、今の仕事が楽しい人などはそのまま仕事も継続すればよい。20歳、30歳ならなおさらである。社会を知るために就職するのはあるかもしれないが、もはやお金を稼ぐために就職する必要はない。資産運用の勉強をしお金でお金を稼ぐシステムを作り上げるべきだ、大学に入りなおしてみっちり経済の勉強をしても時間も資金も豊富にあるだろう

 

私(40才前後)の株式評価額は約2,500万円、総資産は6,500万円なので、まだ人生を変えられるレベルでは全くない。労働収入では人生を変えることができないが、投資は人生を変える力を持っている。投資は労働収入では絶対に手の届かない領域へ行くととができる可能性を秘めている。

目標は3年以内に総資産1.5憶円突破&退職、10年以内に総資産3憶円突破60歳前後で総資産10憶円を目標としたい。株式への割合を少し増やし、投資スタイルも少し変えていこうと思う。でも、意外と早死にするかもしれないな・・・今まで労働収入のために命を削りすぎたから。

直近の保有資産評価額の推移 (GW後にトランプ砲でやられその後持ち直したグラフ)
 

そもそも資産ってなに? 

私は資産とは「保有していると価値が上昇するもの、利益を生み出すもの」と理解している。例えば、優良不動産、株式、貯蓄(利子)、何かしらの権利、音楽や書籍(印税)等である。音楽や書籍から収入を得るのは特別な才能が必要であるが、不動産や株式運用は努力で能力を得ることができる。
一方で、資産とは逆のもの負債とは「価値が目減りしていくもの、お金が減っていくもの」と理解している。例えば、自宅、ブランドもの、ローン、借金(利息支払い)等である。自宅は別の豊かさを与えてくれるため同列に扱うことはできないが、資産か負債かの観点から言えば負債である。自宅を持つことで、家庭円満、通勤時間の短縮、活気にあふれ、子供にも良い影響、成績向上などの影響を教授できれば資産と言えるかもしれない(経済評論家の上念司さんは自宅は負債だと言い切っていますね)。ブランドものも基本的に価値が目減りしていくが、目が利く人であれば将来価値が上がるものを見分けることができるかもしれないが、一般人には無理だ。
 

資産形成が苦手な日本人 

これはあくまでも私の周囲の極めて限定的な話である。私の友達や会社の同僚たちは、よく働き、豊かな生活を送ろうとお金を稼ぐために努力している。しかし、現実は自由もなく豊かな生活とは程遠い現状である。一日有休をとるのも大変だし、旅行に行くとなると相当大変である。確かに、現役時代に死に物狂いで働きそれなりの地位を得て、定年後にそこそこのお金自由を手に入れることができるかもしれないが私はそんな人生に嫌気がさしている。私はそれなりの地位を得るのはそもそも無理だし、現役時代に好きなことができるお金と自由が欲しい。お金がすべてではないがお金はパワーだ

私の周りには投資をしている人はあまりいない。とは言え、得した損したとトラブルの元となるので積極的に人に勧めることも避けている。私の場合は株式がメインだが、投資と聞くと何となく悪い印象(ギャンブル、金に汚い、楽して儲けるなど)を持っている人さえいる(自分たちは株式会社で働いているのに・・・)。妻も私が株をすることには初めは反対だった。やはり悪いイメージを持っていた。

労働によって収入を得ることには一生懸命なのだが、資産を増やそうとしている人ははっきり言ってほとんどおらず、旧帝国大学や有名私立出身のエリートでさえ資産を増やす知識や発想を持っていないのである。日本の学校では良い大学に入るための勉強は教えるが、お金のことは全く教えてくれない。非常に残念なことであり、海外のお金の知識が豊富なものの餌食にされることを懸念せざるを得ない。

ãã«ã¤ã¸ãç»åãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

中長期で勝つ思考(私の場合ですが・・・) 

①企業価値を知ることは必須。2桁成長は欲しい。美味しい会社は意外と多い。

②いくら本を読んでも無駄。専門知識は最低限で良い。実践から経験と感覚を養う。

③人が恐怖に陥っているときこそがチャンス。余力は残しておく。

④損切は自分との闘い。勇気を持ち心を鍛える(私は苦手です)。

⑤TVメディア、評論家は超適当、情報に価値はほぼない。情報はSNSの方が早い。

⑥掲示板は嘘も多いが参考になる場合もある。慣れれば嘘も見抜ける。

⑦事故は仕方ない。しかし不祥事はダメ。

https://www.painshacho.com/entry/2019/07/18/192916

⑧不自然な動きを板とチャートから読み取り、機関の揺さぶり(演出)に騙されない。

⑨時代や未来を予想する。企業の商品(サービス)は未来に役立つものかを考える?

https://www.painshacho.com/entry/2019/07/16/225503

⑩「風が吹けば桶屋が儲かる」の思考を鍛える。

https://www.painshacho.com/entry/2019/06/28/200606


これらの件名に関しては、徐々にブログで自分の考え方を述べていきたいと思います。 

 

王道出版物です。お金の正しい価値観が身に付きます。私は一部購入して、家族(子供)のために2冊目を購入しました。日本ではお金の教育が不十分なので子供には正しいお金の知識を身につけてもらいたいです。
【楽天】